ローンの固定金利と変動金利について

一般的に少額融資の場合におけるローンは固定金利になっていることが多いようです。一方、借入金額が高額になると、変動金利でローン融資を組むということが多いようです。固定金利で融資を受ける場合と、変動金利で融資を受ける場合は、どちらがいいでしょう。
固定金利は、返済中に金利が変わることがないため、完済までの見通しが立てやすくなります。しかし、変動金利より、固定金利のほうが借り手にとって都合がいいということはできません。金利がずっと変わらないという保証があったほうが、借りやすいという人もいます。
総合的に見ると、固定金利よりも変動金利のほうが利率が低くなるケースが多いようです。景気が大幅に変化して金利がふえることはありますが、それほど急に金利が上がることはありません。住宅ローンのような、大口の融資を受ける時には、変動金利制のほうが利息が安くなりがちです。より大きなリスクを内包しているほうが、お得な結果が得られるものです。リスクを避ければ、お得度は減少します。安全なローンを利用するのか、お得なローンを利用するのか、どちらを選択するかによって選ぶことになります。
銀行なら、固定金利と、変動金利の選択肢がありますが、消費者金融会社は固定金利でのみ融資を行う傾向があります。